カテゴリー「3DCG」の記事

2008年11月30日 (日)

謎の塊

師走とはよく言ったもので、年末が近づいてくるこの時期はいつも仕事が忙しくなってきます。んで、これもいつも通りなんですが、仕事がヤバくなってくると現実逃避に変なことをやり始める訳で。

20081130_01

その辺に余ってた木片をノコギリで切断し、木工用ボンドで接着。

20081130_02

木片の一部を削り、針金とAmazonの箱wでおおざっぱに形を作成。

20081130_03

それを骨格にして上から100均の石粉粘土を被せて形を作成。これからは盛ったり削ったりの作業が待ってます。ちなみにこれは裏側です。

石粉粘土は初めてなので勝手が分からずに苦戦しました。しかも、塊で一気に盛ったので内部がなかなか乾燥してくれません(泣)

カテゴリーに「3DCG」が入ってるのは、これを作り始めたきっかけが「モデリングをする前に模型作っておけば作業が楽になるかも?」という思いつきだったからです。

ただ、最初に書いた通り、仕事が洒落にならない状態になってきたので、完成後のモデリングどころかこの作業をいつ再開するかも不明…下手するとこのまま謎の塊のままで終わるかもしれません(汗)

|

2006年7月14日 (金)

ボン太くん 途中経過3

20060714_01 UVはまだ不慣れなもので、何度もやり直してやっとこここまで。頭と耳、両腕にテクスチャを貼り終わりました。貼ってあるテクスチャは位置合わせ用の仮の物です。

|

2006年6月30日 (金)

ボン太くん 途中経過2

20060630_01 今週は余り進んでません。来週、もう少し形を調整してからテクスチャを貼っていく予定。UVとかはまだ慣れていないので、その辺りは多少時間がかかるハズ。

|

2006年6月24日 (土)

ボン太くん 途中経過1

20060624_01 この前までやっていたペンギンのチュートリアルと同じような作り方で出来るかな、という安易な考えで始めたのがこれ。某アニメで婦人警官と戦ったり、集団でやくざ屋さん事務所に突入したりしていた着ぐるみです。大雑把な形は出来ているので、後は全体のバランス調整と帽子と蝶ネクタイの作成で形状の方は終了。ちなみにここまでの作業時間は約4時間、私にしては早い方。

【おまけのお知らせ】余りにあんまりだった某艦長さんの絵を、多少描き直して差し替えておきました。

|

2006年6月16日 (金)

メタセコイア修行中

20060616_01 ノートパソコン(CF-Y5)の主な使い道がこれ。今ちょっと出先で毎日1時間~1時間半程暇があるので、その時間を3D関係に充ててます。ホントはノートでもLightwave3Dで行きたい所ですが、うちのLightwaveは未だにパラレル版ドングルなのでノートでは使えません。まあ、仮にUSB版ドングルだとしても紛失が怖くて持ち歩く事はないと思いますが。そんな訳でノートのメタセコイアでモデリング、メインPCのLightwave3Dでレンダリングという流れで行こうかなと。

画面はもう少しで形が出来そうなペンギン。「メタセコイアマスターガイド」のチュートリアルを見ながら制作中。本のペンギンと比べると、作ってる本人に似たのかかなり太めw

やっとこメタセコの基本操作が判ってきた気がするので、これが一段落したら何か簡単な物を作ってみるつもり。

|

2005年10月10日 (月)

某所の左奥

20051010_01 前記事のような状態なので余り進んでませんが某所再現計画の経過報告。今回は某所左奥にある棚です。ほかに収納スペースがありませんし、おそらく文房具や会議で使う資料等が入っているのでしょうね。あとは棚の上に置いてある飾りの白い大皿と本数冊をつくって、ここは完成です。

そろそろ質感の調整もしなければ…木材の感じを出すのはかなり難しいです。

|

2005年9月24日 (土)

某所の流し台

20050924_01  某所右手奥にある流し台です。アップの場面は少ないものの、形状が異なる作画はそれほど無いので比較的作りやすかったと思います。手こずったのは水道の蛇口と排水口くらいでしょうか(どちらも小さいので殆ど目立ちませんが) その蛇口に関しては先に小型の浄水器がついている時があったんですが、どうやら1度だけのようなので今回は付けていません。

 あと、取込画像を見ると下の棚の取っ手は上の棚と同じで扉に彫り込んであるタイプに見えるんですが、それだとサイズ的に使いづらそうだったので敢えて凸型にしてあります。

|

2005年9月22日 (木)

某所の右側

20050922_01  前回から更に弄りましたが、部屋と窓の大きさは現状でフィックス。他のオブジェクトを作成した上で違和感があるようなら再度見直すつもりです。

 今回の画像は前回と反対側、棚の位置から右サイドを見ています。右手奥にあるのは流し台で、上の戸棚は形状作成済みですが下側はまだ殆ど手付かずです。ドアも今のところは窓と同じで板ポリにテクスチャ貼っただけのダミー。あと、ドアの周りの柱に関しては悩みました。画面からは単純なП型と上に飾りの様な部分がある型の2パターンが確認できます。登場する割合は前者の方が多いんですが、スタッフの気合が一番入っているハズの第1話が後者なので、後者のタイプにしてあります。

 しかし、ホントに某所再現計画になってしまっている… まあ、タイプの違う物を色々作れるので練習には丁度良いのは確かですから、ここまで来たら最後までやります。

|

2005年9月20日 (火)

某所のテーブルと窓

20050920_01  連休中は用事&体調不良で余り進みませんでした。テーブルにテーブルクロスがついたのと、窓の残りとドアのお試し版を配置した程度です。テーブルクロスに関しては、結局ClothFXを使わずに自分でポイントを移動してサイドの皺を作成しました。ちょっとポリゴンが少なすぎてカクカクしている気もしますが、この程度のサイズなら十分見られるかなと。カーテンも同じ感じで作ってみるつもりです。

 今回の画像は入り口のドアから見て左側、実際には画面奥の角に背の低い棚が置いてある箇所です。以前のバージョンでは狭い印象があったので、部屋と窓のサイズを多少広げてあります。うーん、大体こんな物でしょうか?

 ハミングバード専用機の時も感じましたが、アニメの物を立体化するのは難しいです。しっかりとサイズが書いてある設定資料でもあれば別なんでしょうけど、画面から大きさを割り出そうとしてもシーンごとに違うのは当たり前。仮に一つのシーンに合わせても、今度は別のアングルから見ると違和感バリバリだったりしますし。まあ、最終的には俺設定という事で納得するしかないんでしょうけどね。

|

2005年9月15日 (木)

某所の壁&窓 その1(?)

20050915_01 せっかくなので周りの壁とかも…単なる習作のつもりだったのに、なんだか某所再現計画じみてきました。

まずPCに取り込んだ画像から部屋の広さを推定。4.5m×6.5mくらい? 試しにそのサイズで壁を作成し、テーブルや椅子を配置してみたのがこれです。う~ん、まだちょっと狭いかな? ちなみにこの画像の正面は、入り口から見て左側の壁です。窓には大きさのイメージを把握しやすいよう、素材集からデザインが似ている窓枠のテクスチャを暫定的に貼ってあります。左右の壁には今は何もないですが、入り口のドアやドアの対面側に窓が付く予定…なのか?(笑)

|